top of page
  • 執筆者の写真Nagisa Kato

『GAI-EN FUTURE外苑フューチャー』


2/5 日曜日に開催する<明治神宮外苑を子どもたちの未来につなぐシンポジウム>ですが、 計画の見直しを求める中央大研究開発機構の石川幹子教授 https://www.tokyo-np.co.jp/article/163087y をゲストスピーカーにお呼びし、銀杏並木の保全が危ぶまれる観点をお話しいただきます。


その他、フラットにこの計画を正確に伝えてくださる方に加え、この土地の歴史的な貴重さ、都市機能としての重要性などをお話しいただく専門家の皆様にもお越しいただく予定です。


とにかくすごい勢いで広まっています。


神宮外苑は明治大正時代から今に至る、歴史的な文脈の中で大変重要な場所であり、近代の都市計画の遺産として世界に誇るものです。


区民、都民だけでなく日本人として多くの方にこのことを伝えたい。

まずは知ることからでいいと思います。

イデオロギー、政争、対立ではない場。 賛成反対は問いません。


ちらっと聞いたけど詳しくは知らないよ。 全く知らなかったよ。

そんな方にぜひ一人でも多くお集まりいただけたらと思います。


保護者仲間、近隣学校・幼稚園・地元のみなさま、渋谷区の保護者の皆様まで、、、快くお力をお貸しくださり感謝で胸がいっぱいです。



ぜひ一緒に小さくも大きな一石を投じましょう。



画像は神宮外苑の未来を考える有志の会さん発行の 『GAI-EN FUTURE外苑フューチャー』 とても分かりやすいので、 ご参加難しい方でもこちらをお読みくださるだけでもとても嬉しいです。

そして、シェア大歓迎です。



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page