top of page
  • 執筆者の写真Nagisa Kato

総会の開催と今後の活動について

昨年2月5日開催したシンポジウムから一年、

明治神宮外苑を子どもたちの未来につなぐ有志の会の総会を行いました。


私たちは、反対賛成を表明する以前に、

●開発の計画を正確に知る機会と、子どもの育ちや未来に寄り添う計画である様に意見交換の場を求めること

●銀杏並木を名勝指定にして永久的に緑豊かな景観を守るよう働きかけること

この二つの目的のもとに設立した近隣世帯の有志団体です。


この間、有志の会として事業者、港区、東京都に向けて複数回の要請を行いました。多くの市民の心配の声、専門家からの懸念、イコモスのヘリテージアラートに押され、昨年にも始まるとされた樹木の伐採も、今は一時中断しています。

しかしいつ再開されるかは不明です。


加えて、区や都の後押しもあり、説明会が開催されましたが、近隣の子育て世帯でも入る権利を得られず、求めた形ではなかったため、引き続き対話の機会を要望しています。


これらの状況を踏まえ今後の有志の活動を考える機会を持ちました。


1:シンポジウムを開催します

まだまだ「銀杏並木が伐採される」「再開発で緑は増える」などの間違った情報が多い中、近隣の住民の多くが、この計画についての正しい情報にアクセスする方法がありません。

事業者が訴える開発の正当性、さまざまな専門家の科学的論証、開発許可の経緯など、この一年で顕になった情報を集約し、フラットに触れられる場を作ります。


それぞれが感じたこと、知ったことを持ち帰って考える、そしてお子様や家族、友人と語り合うきっかけになったらと思います。


4月の末に開催予定です、詳しくはまたお伝えします。


2: 神宮外苑のみどりを広げよう

「イチョウの種探し、種植えワークショップ」


3月30日(土)と31日(日)の2日間「神宮外苑のみどりを広げよう~イチョウの種探し、種植えワークショップ」を新宿の有志団体「子どもたちの笑顔をつくる神宮外苑を考える会」様と共に開催します。お子さまが、神宮の豊かな自然の中で春を見つける、神宮外苑に親しむひとときになりましたら幸いです。

----------------------------------------------------------------------

日時:3月30日(土)、3月31日(日)ともに14時~16時


集合場所:ロイヤルガーデンカフェ青山前


参加費:無料


持ち物:なし


定員:各日30名(参加は高校生までの方※幼児の付き添い可)


主催:明治神宮外苑を子どもたちの未来につなぐ有志の会

   子どもたちの笑顔をつくる神宮外苑を考える会

-------------------------------------------------------------------------


3:都市開発において、子どもたちの健やかな育ちに対する権利が守られるよう国際社会に対して訴える活動



今後も子どもたちを中心として、持続可能で豊かな未来を見据えたまちづくりに寄り添えるように活動して参ります。


閲覧数:123回0件のコメント

Comentários


bottom of page